平成29年度  
 4月    本年度は43名の新一年生が入学してきました。
 PTA会長より,安全のための黄色い帽子と防犯ブザーをいただきました。
 小学校に早く慣れて、友だちをたくさん作ってほしいです。
 5月    5165年生が宿泊学習に参加してきました。規則正しい生活、みんなとの共同生活など学ぶことがいっぱいあった23日でした。登山やアクセサリー作りなど普段はできない体験がたくさんできました。
 6月    

616日歯っぴー教室が行われました。歯科衛生士さんより歯の大切さと歯みがきの仕方を学びました。

丁寧な磨き方を学びました。これからも歯を大切にしていってほしいです。
 7月  

712日「笑育」が行われました。芸人セバスチャンが来られました。子どもたちは本物の漫才を楽しみました。

その後、テキストに自分で合う言葉を入れ、阿部さんとミニ漫才を体験しました。 
 8月    
 9月    
 10月    今日は「笑育」の発表会です。司会は漫才師の「セバスチャン」です。これまでお世話になった半田あかりさんが見守る中、くじ引きで決まったコンビで漫才の「ストーリー」と「落ち」を考え、練習の成果を無事発揮することができました。みんなを楽しませることができました。みんなを楽しませるために2人で誠意パイ話し合っていっぱい漫才をしました。コミュニケーションが取れるようになり、学級もより明るい雰囲気になりました。
 11月   11月2日小中合同音楽っ集会が行われました。各学年きれいな歌声で歌いました。写真は2年生の発表です。「手のひらを太陽に」を元気にかわいらしく歌っていました。 
 12月   12月9日小中合同持久走大会が行われました。低学年は900m,中学年は1220m,高学年は1500m走りました。毎朝じしゅトレーニングで鍛えた走力を精一杯発揮しました。 
1月     
 2月    
 3月    

 3月
  平成28年3月24日27名の6年生全員が卒業しました。毎日ボランティアや委員会活動などで上小原小学校を支えてくれた6年生。伝統を5年生に引き継ぎ、中学校へ旅立ちました。
 3月     2月13日,土曜授業の日,学校応援団の支援をいただき,1年生の昔遊び大会を行いました。「瓦倒し」「遊び歌」「羽子板」「コマ回し」「お手玉」「カルタ取り」「紙鉄砲」などで遊びました。ふれあいや手作り遊びなど,昔遊びのよさを子どもたちは十分に感じたようでした。
 2月    12月12日(土),初めて上小原中学校と合同の持久走大会を行いました。今年度から土曜授業が始まったことや小中一貫教育を推進していることを受けて,中学校と連携を図りながら,準備を進めてきました。「小学生に中学生の頑張る姿を見せることができた」,「共通の保護者が多い中で参観者を増やし,子どもたちの頑張る姿を見ていただくことができた」など,たくさんのメリットを感じることができました。子どもたちも多くの声援を受けて,そのほとんどが自己記録を更新することができました。
  1月    1月25日は上小原小学校でも雪が積もりました。子どもたちは朝学校に着くと、雪合戦をしたり、雪だるまを作ったりして元気よく遊んでいました。
 子どもたちが寒さに負けず、校庭を走り回る姿は、とてもたくましく、頼もしくさえ思いました。
   12月12日(土),初めて上小原中学校と合同の持久走大会を行いました。今年度から土曜授業が始まったことや小中一貫教育を推進していることを受けて,中学校と連携を図りながら,準備を進めてきました。「小学生に中学生の頑張る姿を見せることができた」,「共通の保護者が多い中で参観者を増やし,子どもたちの頑張る姿を見ていただくことができた」など,たくさんのメリットを感じることができました。子どもたちも多くの声援を受けて,そのほとんどが自己記録を更新することができました。
 12月    11月5日(木),文化庁後援の「能子ども体験教室」が本校の6年生を対象に行われました。2日間にわたって,着物の着付けも合わせて,計6時間の練習を重ね,「芸術鑑賞会」として,全児童の前で舞台発表をしました。6年生からは,「難しかったけど,歴史で学んだ能を踊ることができて,貴重な体験になりました」の感想が聞かれました。指導者は,観世流シテ方橋岡佐喜男氏でした。
 11月     11月2日〜8日まで教育県民週間でした。
 
 期間中、「ふれあい芋ほり」・「学校保健委員会」・「給食試食会」、「芸術鑑賞会」等が行われました。

 たくさんの保護者・地域の方がご参観いただき、ありがとうございました。
 10月    4年ぶり悲願の優勝を果たした白組。紅白ともに全員が全力を出し切りました。前日の緑門作りや当日のテント片付けなど,お手伝いくださった保護者・地域の皆様,本当にありがとうございました。
 9月    学習支援授業として,9月29日(火),6名の学校応援団の方々に6年生家庭科のミシン縫いの指導補助をしていただきました。毎年,ミシンの扱いが難しく一人一人への対応に苦慮してた学習でしたが,細やかな支援をいただき,子どもたちもみな満足げでした。ありがとうございました。
 8月    8月23日(土),PTA研修部による親子研修視察が鹿屋市古江漁港で行われました。約30名近い親子が参加したこの視察では。鹿屋市漁協の全面協力をいただき,養殖カンパチへのえさやり,競り市への参加,マイナス30℃冷凍庫,刺身のお作り,カンパチつくねのみそ汁,カンパチ刺身の試食などの研修を行いました。
 7月    7月1,2,3日に行いました授業参観で全学年が水泳授業の様子を見てもらいました。今年は,本格的な梅雨に見舞われ,気温,水温が上がらず,思うように学習ができませんでした。参観当日も降雨により学習の成果を十分に見ていただくことはできなかったかもしれません。それでも子どもたちは今年の水泳学習の成果を発揮しようと一生懸命に頑張っていました。保護者の皆様も雨の中の参観をありがとうございました。
 また,今年は7月21,22日に行いました水泳教室において,県運動習慣育成事業の支援をいただき,外部講師(NPO法人健康づくりフォーラムの高橋彬さん)をお迎えし,専門的にわかりやすく水泳の基本を御指導いただきました。
 6月    6月12日(金),5年生が総合的な学習の時間の中で,
トウガラシの苗を植えました。これは,地域提案型授業のひとつとして,柳谷集落が昨年から行っているトウガラシ作りを学校でも行い,郷土の産業振興の様子を調べる学習です。当日は,苗の提供者でもある豊重光和さんにおいでいただき,柳谷集落のトウガラシ栽培の様子や苗の植え方について,教えていただきました。
 5月    4月28日(火),全校児童で「1年生を迎える会」を行いました。6年生に手を引かれ,5年生の持つ花のアーチをくぐり,在校生の大きな拍手で入場した1年生。ジャンケン列車や仲間つくりゲームを全校児童で楽しんだ後,お礼の気持ちを込めた1年生の元気な歌声は「♪ドキドキドン!1年生」の歌。この1か月,ドキドキの1年生を6年生を中心に,上級生がよくお世話をしてくれました。
 4月    
〈入学式〉43名の新入生が入学しました。高学年がピッカピカにした体育館でピッカピカの1年生が元気よく入場。名前を呼ばれると緊張しながらも,きちんと返事ができました。
 3月    
 2月    《中国の子どもたちとの交流》2月12日(木),日本の文化を学びに上小原を訪れた中国の子どもたち12名との交流を行いました。6年生が中心となり,科学工作,ドッジボール,交流給食などでふれあいを深めました。この様子は,南日本新聞にも掲載されました。
 1月     1月30日、4年生の半成人式が行われました。思い出の一枚を紹介したり、自分の将来の夢について発表したりしました。
保護者の感想でも「まだまだ子どもだと思っていたけど、ずいぶん立派に成長していてびっくりした。」と、子どもたちの成長を喜ぶ感想をたくさんいただきました。
 12月    12月5日、持久走大会が行われました。学校周辺を子どもたちが元気に走り切りました。沿道では保護者や近くの園児たちが大きな声で応援してくださいました。
 11月    11月9日(日),日曜参観日のこの日,創立140周年記念式典が行われました。たくさんの来賓の皆様においでいただき,全保護者,全児童が出席して行われました。福元健実行委員長からは,「学校に寄せる校区の皆様の思いの結集です」という言葉で,新しい校旗が校長先生へ手渡されました。関係者の方々からのたくさんの御寄附に感謝申し上げます。
 10月    9月28日(日)、140周年記念 秋季大運動会が行われました。「元気!勇気!あきらめない! 140周年の歴史ある上小で 史上最高の勝利をめざせ!」の大会スローガンのもと子どもたちは精一杯ダンスやかけっこに取り組みました。
 結果は赤組の3連覇でしたが、子どもたちはみんな満足げな表情を浮かべていました。
 9月    9月1日から2学期がスタートです。みんな明るく元気な笑顔で登校してきました。始業式では4年生の代表児童が夏休みの思い出と2学期への決意を述べました。2学期も、学習に運動に精一杯取り組んでいきます。
まずは、運動会に向けて、みんなでがんばります。
 8月    8月10日4年生の親子ふれあい活動が行われました。お父さん方がそうめん流しの準備をし、お母さん方でそうめんの準備をしていただきました。子どもたちは保護者が一生懸命準備してくださる姿を嬉しそうに眺めていました。 
 そうめん流しは大成功でした。たくさんの子どもたちがくちいっぱいにほうばりながら、なんどもなんどもすくって食べていました。今後も親子の触れ合いを通しながら、子供たちの成長を一緒に見守っていきます。
 7月    七夕の季節です。どんぐり学級とひまわり学級のお友だち6人が力を合わせ,こんなにきれいな七夕かざりをつくりました。これを見た他の学級からは,「先生,僕たちも作りたい」との声が聞かれたそうです。みんなのねがいごとがかないますように!
 6月    上小原小に新しい仲間の誕生です。それは,セキセイインコのヒナ4羽です。昨年11月に「おやじの会」の協力をいただき,飼育舎の全面改修を行いました。それを機会に鹿屋市民小動物園からいただいたセキセイインコがヒナを生んだのです。子どもたちは大喜びで,名前をつけようと盛り上がっています。
 5月   薩摩の偉人・平田靭負の紙芝居教室
 5月2日(金),紙芝居教室「宝暦治水・薩摩義士物語『千の松になって』」を行いました。これは,薩摩義士・平田靭負の命がけの功績の物語を子孫である平田靭久さんが自作の紙芝居で子どもたちに伝えてくださったものです。参加した6年生は40分にわたる大作紙芝居でしたが,平田靭久さんの迫力に引き込まれるように聞き入っていました。歴史の学習に生かされることだと思います。
 4月    4月23日(水),全校児童で「1年生を迎える会」行いました。6年生に手を引かれ,5年生の持つ花のアーチをくぐり,在校生の大きな拍手で入場した1年生。ジャンケン列車や仲間つくりゲームを全校児童で楽しんだ後,2年生からはメッセージ入りのアサガオのタネのプレゼント。お礼の気持ちを込めた1年生の元気な歌声は「♪1年生になったら」の歌。この歌詞のように本当に友達が100人も200人もできそうな温かい会となりました。