本文へスキップ

創立150周年を迎える鹿屋小学校のホームページです。

電話でのお問い合わせはTEL.0994-42-4158

〒893-0011 鹿児島県鹿屋市打馬1丁目1−6

4年生のページ4th grade

鹿屋フェスタ(2月4日)

4年生は毎年,音楽の発表をしています。今年は,合奏・合唱「コンドルは飛んで行く」「フレンドシップ」の発表でした。合奏では,鍵盤ハーモニカ・アコーディオン・木琴・リコーダー・太鼓など様々な楽器で美しいハーモニーを奏でました。合唱では,伸びやかな歌声が体育館に響き渡りました。



薩摩焼体験(1月22日)

4年生は,3学期の今の時期,社会科で鹿児島県の伝統的工芸品について学びます。これまでに,「薩摩焼」が400年以上続いていることや一つ一つ手作りで作られていること,職人さんたちは10年以上の修業を重ねていること,そして,思い通りの作品ができることが一番の喜びであることなどを学習してきました。
この日は,職員の指導の下,4年生みんなで薩摩焼体験をしました。。
粘土を練ることやろくろで中心を取ること,形を作ること一つ一つが難しく,なかなかうまくはいきませんでしたが子どもたちは楽しく活動できました。
体験的に薩摩焼を学べた子どもたち,これから作品を見る目も変わってくるのでは?と思うことです。
 


なわとびチャンピオン(1月14日)

1月14日(日)に,鹿屋ロータリークラブ主催の「なわとびチャンピオン大会」が開かれました。
鹿屋小学校からも30名ほどが出場しました。
4年2組は,今年,1年間を通して「鹿児島チャレンジ」の3分間長縄8の字跳びにチャレンジしてきました。
2学期までの学級記録は345回。
3学期,大会に参加できる23名で練習しました。
冬休みで若干,勘が鈍っていましたが,リズムをつかみ,346回に記録を伸ばして本番を迎えました。
大会当日は,会場の雰囲気や周りの6年生の見事な跳躍に少し緊張したのか,ターナー(縄を回す人)の2人が,いつも以上のスピードで縄を回し,それに,全員が必死でついて行ったのですがいつもよりミスも多くなってしまいました。にもかかわらず347回という新記録を出すことができました。
がんばっている子どもたちの姿,すばらしかったです。
 

 

ギコギコトントン(図工) 9月


 9月,図工で「ギコギコトントン」の学習をしました。のこぎりや金づちを上手に使って、木を使った工作をする学習です。
 3年生で、金づちは経験していましたが、のこぎりを使うのは初めて。最初は慎重だった子どもたちも慣れてくると・・・ちょっとけがもありましたが,楽しく活動することができました。

 

 少し作品も紹介します



エコバス学習 6/16 (金)


6月から10月にかけて社会科で「住みよいくらしをつくる」という学習をします。
その学習の一環として社会科見学をしました。
・鹿屋市下水処理場
・肝属地区清掃センター
・肝属地区環境ふれあい館
・カナザワ
の4つの施設を見学して,使った水や家庭から出たごみの処理やリサイクルについて学習しました。
子どもたちは,詳しい説明を聞いたり,実際に見たりして有意義な学習ができました。

読書旬間 職員による読み聞かせ 5/31(水)



鹿屋小では,5月22日(月)〜6月2日(金)の期間に校内読書旬間を実施しています。その一環として,朝の時間を利用して全職員による読み聞かせがありました。担任の先生以外の読み聞かせということで,子どもたちも目を輝かせて読み聞かせに聞き入っていました。

最初の授業参観 4/13(木)



新しいクラスでの学習が始まって1週間での授業参観でした。4年生は,2クラスとも国語でした。1組は、「漢字の組み立て」、2組は「白いぼうし」の学習でした。やや緊張しながらも発表等がんばっていました。