★本校の歴史★

  本校は明治5年に開校し,今年で145周年を迎えます。開校当時の校舎は木造の1階建てでしたが,昭和47年に鉄筋2階建ての新校舎(現在のA棟)が落成しました。写真は昭和63年当時の校舎です。
 その後,平成元年に,本校のシンボルともなっている三角屋根の時計台を備えた新校舎
(現在のB棟)が落成、さらに平成10年には冷暖房完備の新校舎(現在のC棟)が落成しました。
 平成28年には,教室不足への臨時的な対応として5教室を備えた2階建てのプレハブ校舎が設置され,現在に至っております。
 今秋には,老朽化したA棟に代わる3階建ての新校舎が,校庭東側(現在の学校農園付近)に着工予定です。完成は来年度(平成30年度)の夏を予定しております。これにより,教室不足の解消が図られることになります。
 新校舎の完成後,現在のA棟は取り壊され,プレハブ校舎も撤去される予定です。現在の校舎に思い出のある方は,取り壊される前にぜひ見納めにお越しください。
 
  ★アーカイブス★
   地域対抗のハンドベース大会が行われていました。
 バットではなくラケットを使い,柔らかいボールを打っていたようです。
 バックの木造平屋建て校舎が,当時の歴史を物語っています。
 昭和30年代の写真と思われます。
 
    ボランティア活動の先駆ともいえる奉仕作業です。
 PTAの方々が,水道周りの修繕をしている様子が見て取れます。
 その様子を見守る子どもたちは,おかっぱ頭で,時代を感じます。
 昭和32年の写真です。
 
   大運動会の様子です。
 2チームに分かれて,だるま運びをしている様子が分かります。
 昭和33年の写真です。
 
    まだ児童数の少なかった頃,学校の裏では,白菜や大根が栽培され,それが給食に使われていました。
 地元の特産物である桜島大根も栽培していたようです。
 自給自足の生活をしていたのですね。
 昭和37年の写真です。
 
   創立90周年を記念して,プールが竣工しました。
 横25m,縦13m,6コースを備える立派なプールです。
 地域の方々も作業に協力している様子が分かります。
 昭和38年の写真です。
 
   6年生の修学旅行での集合写真です。
 この写真のバックは桜島ですが,ほかにも宮崎平和公園や,鵜戸神宮でのスナップも残されています。
 鴨池野球場の照明塔が写りこんでいることから,昭和40年代後半の写真と思われます。(鴨池野球場開場:昭和45年12月)
 男子は詰襟の学生服,女子はセーラー服姿なのが印象的です。
 
   創立100周年を前にして撮影された,航空機による空からの前景写真です。
 人文字で「笠小」の文字が見えます。
 校舎の南東(写真右下)には,まだ何もありませんが,この4年後,この一角に「交通公園」が整備されることになります。
 校庭に「1973」の数字が見えるとおり,昭和48年の写真です。
 
   昭和49年に,本校は創立100周年を迎えました。
 その年の2月には,盛大に記念式典が行われました。
 学校の正門には,写真左のような大きな緑門のアーチが飾られ,地域の皆さんと一緒に,100周年を祝いました。
 記念式典では,全校児童が踊りや合唱などを披露し,華やかだったようです。現在の学習発表会のようなものだったと思われます。
 写真右は,鼓笛隊による発表の様子です。
 
   現在の学校農園では,総合的な学習の時間や生活のなどの学習の一環で,サツマイモや落花生などを栽培していますが,以前は,一面アブラナ畑だったようです。
 そして,初夏には,実った菜種を収穫していました。
 昭和62年の写真です。
 
   以前は,笠野原小学校にも「児童会」という組織があり,その長である児童会長は,児童による選挙によって選ばれていました。
 これは,講堂で行われた選挙の様子です。
 10名近い児童が,立候補の演説をしています。
 昭和63年の写真です。
 
   児童会が主体となって,こいのぼりを作る活動を行っていました。
 全校児童が講堂に集まって,それぞれの地域班毎に,手作りの鯉のぼりを作りました。
 できあがった作品は,校舎の屋根から吹き流していました。
 昭和63年の写真です。
 
   日曜参観の様子です。日曜日とあって,父親の姿が目立ちます。
 写真は,現在のA棟玄関前の観察池です。
 新校舎(B棟)完成を翌年に控え,2年生のプレハブ校舎が,講堂脇に建てられています。
 昭和63年の写真です。
 
   校庭での全校体育の様子です。
 男子は上下とも白の体操服,女子はブルマースが,当時のスタンダードでした。
 この翌年にはB棟が建ち,写真のように,校庭からA棟の全体を眺めることができたのは,この年までとなりました。
 昭和63年の写真です。